大濠公園

マウスでぐるぐるしてみてください!

最新情報

大濠公園はその昔、草香江と呼ばれる博多湾の入り江でしたが、 慶長年間、福岡藩初代藩主黒田長政が福岡城の築城の際に外堀として利用していましたが、昭和2年にここで行われた東亜勧業博覧会を機に造園工事を行い、大正14年(1925年)に着工、 昭和4年に県営大濠公園として開園したのが始まりです。

大濠公園は福岡市のほぼ中央に位置し、総面積40万平方メートル、うち21万平方メートルの池を有した、 国内でも有数の水景公園で中国の西湖を模したと言われています。

水面に映る木々や橋で結ばれた島々などが美しく調和し、訪れる人々の憩いの場となっています。池には4つの島があり、それぞれが橋で結ばれ、浮見堂を有しています。

ボートの貸し出しもしていますので、ボートに乗ってゆっくりしたり、周囲がほぼ2km(正確には1921m)とキリの良い距離のため、サイクリングやジョギングをする人も多く見られます。

付近には福岡城址(舞鶴公園)、福岡市美術館、NHK福岡放送局などがあり、福岡市民の憩いの場として親しまれてます。

また近隣の西公園とともに、花見のポイントにもなっていますし、毎年8月1日(雨天の時は翌日)には、西日本大濠花火大会が開催されており、福岡市の夏の風物詩としても知られています。

園内に新婚旅行中のマリリン・モンローとジョー・ディマジオが立ち寄ったレストランが現在も営業中です。

スポット概要
スポット名 大濠公園
カテゴリー 福岡天神エリア 観る 遊ぶ
アクセス 福岡市営地下鉄「大濠公園」下車すぐ
ホームページ
所在地 福岡県福岡市中央区大濠公園
電話番号 -

より大きな地図で 大濠公園 を表示