吉野ヶ里遺跡

マウスでぐるぐるしてみてください!

最新情報

紀元前3世紀から紀元後3世紀までの弥生時代は、日本で稲作の文化が始まり、定住文化が根付いた日本の文化の原点ともいえる時代です。
弥生時代の遺跡の中でも吉野ヶ里遺跡は、佐賀県神埼郡の旧神埼(かんざき)町・旧三田川(みたがわ)町・旧東脊振(ひがしせふり)村の3つの町村にまたがった我が国最大の遺跡で、弥生時代における「クニ」の中心的な集落の全貌や、弥生時代600年間の移り変わりを知ることができ、日本の古代の歴史を解き明かす上で極めて貴重な資料や情報が集まっています。
これらは日本の様子を記した最古の記録である魏志倭人伝に出てくる「邪馬台国」の時代を彷彿とさせるもので国の特別史跡にも指定されています。
また、有柄銅剣やガラス製管玉等の出土品は国の重要文化財に指定されるなど、高い学術的価値を有するものです。

スポット概要
スポット名 吉野ヶ里遺跡
カテゴリー 歴史 福岡県外エリア 観る
アクセス JR「吉野ヶ里公園駅」より徒歩約15分
ホームページ http://www.yoshinogari.jp/
所在地 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
電話番号 0952-55-9333

より大きな地図で 吉野ヶ里遺跡 を表示