承天寺

マウスでぐるぐるしてみてください!

最新情報

承天寺(じょうてんじ)は福岡県福岡市博多区にある臨済宗の寺院で、鎌倉時代(1242年)に創建されました。

 

創建したのは駿河(静岡県)出身の聖一国師 円爾弁円(えんに べんねん)という方です。この弁円という方は34才で宋に渡り、宋での6年の間に天竺僧柏庭月光から経を授かり、 径山の万寿寺無準禅師から印可証明を授かります。そののち帰日して博多に立ち寄った際に承天寺を開山したと言われています。

 

承天寺の境内には仏殿(覚皇殿)、方丈、開山堂などの建物があり、文化財として木造釈迦三尊像(重文)、銅鐘(梵鐘、重文)-朝鮮鐘(1065年の銘がある)などがあります。なお、これらの文化財の一般公開は行われていません。

 

また、承天寺の山門前に「山笠発祥之地」の碑があるとおり、この寺が博多の祭り博多祇園山笠の発祥の地と言われています。

スポット概要
スポット名 承天寺
カテゴリー 歴史 福岡博多エリア 観る
アクセス シティループバス「ぐりーん」博多駅交通センターから徒歩10分
福岡市営地下鉄「祇園駅」から徒歩5分
ホームページ
所在地 福岡市博多区博多駅前1-29-9
電話番号 092-431-3570

より大きな地図で 承天寺 を表示