警固神社

マウスでぐるぐるしてみてください!

最新情報

天神バスセンターの裏手にあり、都会のオアシスとなっている警固神社。
祭神は神直日神(かむなほひのかみ)、大直日神(おほなほひのかみ)、八十禍津日神(やそまがつひのかみ)の三神です。

 

この神社の建立のはじまりは、西暦200年頃に神功皇后が新羅親征(しんせい)のおり鎮護(ちんご)の神として福崎(市内中央区)に祭ったといわれています。その後、初代藩主黒田長政は慶長7年(1602)長男忠之が生まれると、その産生神(うぶすながみ)として崇敬し、 ひとたび警固村(市内中央区)の山上に移したが、一般の参詣を容易にするため、慶長13年(1608)に現在の地に移されたものです。

 

なお、境内にはお稲荷さんの「今益神社」や裁縫針の供養塔である「針乃碑」などがあります。

スポット概要
スポット名 警固神社
カテゴリー 歴史 福岡天神エリア 観る
アクセス 西鉄「福岡(天神)駅」より徒歩1分
福岡市営地下鉄「天神駅」より徒歩3分
ホームページ http://www.kegojinja.or.jp/
所在地 福岡県福岡市中央区天神2-2-20
電話番号 092-771-8551

より大きな地図で 警固神社 を表示