グローバルアリーナ宗像

最新情報

グローバルアリーナは、福岡県宗像市吉武地区にある多目的スポーツ施設。県道29号線沿い、鞍手町との境界である猿田峠に近い、吉留にある。株式会社サニックスの創業者である宗政伸一が、私費(株式公開時に得た創業者利益)で「青少年育成に貢献できるものを」と建設。「自己責任」「協調性」「挑戦」の精神で、自立心あふれる青少年の育成を使命としている。宿泊や飲食施設等も存在し、福岡県内外のサッカーやテニス・剣道等の強豪高校が合宿のために利用することも多い。

ジャパンラグビートップリーグの福岡サニックスブルースの本拠地でもある。サニックス杯国際ユースサッカー大会の会場としても知られ、Jリーグのアビスパ福岡対京都パープルサンガも過去に行われた。また、2004年夏からはグローバルアリーナで全国の有望な青少年・少女を集めた日本の次世代リーダー養成塾が開催されており、元マレーシア首相のマハティール・モハマドが講演の為に訪問している。 また、2008年には横浜FCがミニキャンプ(宗像合宿)を実施した。


スポット概要
スポット名 グローバルアリーナ宗像
カテゴリー 泊まる 福岡東エリア 遊ぶ 食べる・飲む
アクセス -
ホームページ http://g-arena.com/
所在地 福岡県宗像市吉留46-1
電話番号 0940-33-8400