濡衣塚-康永三年銘梵字板碑-

マウスでぐるぐるしてみてください!

最新情報

『筑前続風土記』によれば、聖武しょうむ天皇の頃(724年~749年)、佐野近世と云う人が、京より筑前の守として赴任したが、 京から連れてきた妻が亡くなった。そのため、筑前国の女性を後妻とした。 後妻が先妻の娘を殺そうとくわだて、海人[1] に金品を与え「姫君が夜な夜な私の元に来て 着物を盗んでゆきます」と嘘を云うようにしくんだ。それを聴いた父親は怒って娘の所に行ったらば、 娘は濡れた衣をかぶって寝ていた。これは後妻が娘が寝入ったときに着せたものである。 父は激怒して娘を殺した。

その翌年、殺された娘が父親の夢に出てきて二首の歌を詠んだ。父親はその娘に罪が無いことをさとり 、後妻を里に返し自分は出家した。

この言い伝えにより、身に覚えのない罪を負う事を「濡れ衣」と云うようになった。

 

スポット概要
スポット名 濡衣塚-康永三年銘梵字板碑-
カテゴリー 歴史 福岡博多エリア 観る
アクセス 西鉄バス「石堂大橋」からすぐ
ホームページ なし
所在地 福岡市博多区千代3-2-9(石堂橋そば)
電話番号 なし

より大きな地図で 濡衣塚-康永三年銘梵字板碑- を表示